Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kankokoukoku/cp-loft.co.jp/public_html/wp-content/plugins/revslider/includes/operations.class.php on line 2758

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kankokoukoku/cp-loft.co.jp/public_html/wp-content/plugins/revslider/includes/operations.class.php on line 2762

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kankokoukoku/cp-loft.co.jp/public_html/wp-content/plugins/revslider/includes/output.class.php on line 3706
雪用ワイパー置いてあります☆☆ | コクピットロフト

雪用ワイパー置いてあります☆☆

2020-12-07T16:13:30+09:00 2020年12月7日 月曜日|スタッフブログ|

 

こんばんは!!

今日から1週間始まりました☆☆

天気予報を見たら来週の月曜日に

いよいよ雪マークがつきましたね(゚Д゚)ノ

まだタイヤ交換がお済ではない方は、

雪が降ってからでは遅いんです!!

早めにスタッドレスタイヤへの交換をおススメします(*‘ω‘ *)

 

 

ところでみなさんは冬用のワイパーをご存知ですか?

特に、雪が降る季節や地域ではクルマの運転をする際の視界を確保する必要があります。

冬用ワイパーと夏用ワイパーでは性能や素材が違うため冬になるとタイヤだけではなく、

ワイパーも冬用に交換することが大切です。

長岡川崎店にも置いてあります。

夏用ワイパーと冬用ワイパーの違いは簡単に説明しますと、

クルマに標準で装着されているワイパーは、

雨の日にフロントガラスに着いた水滴を取るためのワイパーです。

冬用ワイパーは、「ブレード部分がゴムで覆われている」

「ゴムは気温が低くなっても固くなりにくい」などの特徴があります。

降雪時に夏用ワイパーをそのまま使っていると、

寒さでゴムが固くなったりブレードの可動部分が凍り付いて動かなくなることで

フロントガラスに密着しなくなります。

そのためワイパーを動かしても、ガラス面の雪や水滴をうまく取り除くことができず、

視界が悪くなってしまいます。

一方、冬用ワイパーは、ゴムの材質が柔らかいため気温が低くなっても固くなりません。

またブレード全体がゴムで覆われているため、

凍り付いてブレードが動かなくなることもないので、寒い冬でも安心して使用できます。

金額は長さによって車種によって異なります。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

明日は定休日となっておりますのでよろしくお願いいたします。